スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Dok-m  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

サロマ湖にたどりついたはず。

090730saromako.jpg
3日目の夕方、知床をあとにして向かうはサロマ湖。雨は小降りになったものの、相変わらず空は厚い雲で覆われていて、サロマ湖に沈む夕日なんて想像すらできません(涙)あ~あ、と思いながら走っていたら、道の脇に馬がたくさん放牧されていました。それも、なんだか色んな色の馬がいて、きれいな色合い。夕ご飯に間に合わせたくてちょっと急いでいたのですが、車を止めてしばし馬を眺めてうっとりしちゃいました。子馬がのびのび遊んでました☆

090730saromako2.jpg
サロマ湖で泊まったのは民宿「湖畔の宿」。3人なのに12畳くらいある広い和室でした。でもこの気候ですから、広さが寒さを助長?!ストーブをガンガンたいてしまいました。ほんとに夏なんでしょうか。
夕ご飯はまたまた毛カニだ~♪道東旅行3日目ともなると、さすがに毛カニを解体するのも上手になりました(笑)カニ以外も美味しくてよかったですよ。お風呂は向かいの鶴雅という大きなホテルの温泉にも安く入れたのもよかったな。
スポンサーサイト
by Dok-m  at 19:22 |  北海道観光 |  comment (0)  |   |  page top ↑

せっかく知床に来たのに雨です(涙)

090730rausu.jpg 090730rausu2.jpg
ふーっ。もう随分前の話になってしまいましたが、道東旅行のやっと3日目の話。この日は羅臼でホエールウォッチングをする予定でした。朝起きると、前日から降り出した雨がしっかり降り続いてます。でも波はあまりないようで、観光船は予定通り出航するとのこと。雨でもクジラみられるかな・・・と淡い期待を抱いて船に乗り込みました。雨にあたるので基本船内で待機ですが、やはりいざというときに見逃したくないですよね~と甲板に何度かあがるわけで、そのたびにビショビショに。雨が激しくて目もまともに開けてられない。スタッフの方々が大雨のなか1時間半ほどがんばってクジラを探してくれましたが、とうとうクジラは現れませんでした。あ~、残念。それでも途中、イルカ2頭が船と並走してるのをみることができました。それだけでもまあよしとしましょう。

090730junnoie2.jpg 090730junnoie1.jpg
090730iwaobetuonsen.jpg 090730iwaobetuonsen2.jpg
雨ですっかり濡れ鼠になった私たちは、とりあえず「純の番屋」(「北の国から」の最後のドラマで純が羅臼で住んだ家)で空腹を満たし、「温泉いこー♪」と羅臼港を出発。予定では知床峠への道沿いにある温泉に入るつもりでしたが、うっかり見逃しウトロ側へ出てしまいました。では計画変更!ということで岩尾別温泉へ。まずは外にある露天風呂(無料・混浴・目隠し一切なし)を見学し、ホテル内の内風呂へ。ホテルのお風呂にも露天はついていましたが、混浴で、且つ「いま混んでますよ」とフロントで言われたので断念(涙)でも内風呂でしっかり暖まり満足しました。

090730siretoko2.jpg 090730siretoko1.jpg
その後、雨のなか知床五湖の展望台から見えぬ景色を眺め、雨で迫力を増すオシンコシンの滝を見学し、知床半島をあとにしたのでした。あ~、不完全燃焼。特にわざわざ東京からやってきたtomomoは残念だったろうな。

090730osinkoshinnotaki.jpg
by Dok-m  at 00:12 |  北海道観光 |  comment (0)  |   |  page top ↑

春国岱のほうがトドワラ?

090718shunkunitai2.jpg
先々週の道東旅行。まだまだ続きます。それもまだ2日目(汗)
釧路の和商市場をあとにし、次の目的地へ出発。まずは根室の手前、春国岱。運がよければタンチョウヅルがみれるかも・・・と期待して向かいましたが、満潮のため1羽もいませんでした。残念。でも、他の観光客が1人もいない湿原で、のんびり食事する鹿をみることができてなかなかよかったです。

090718shunkunitai3.jpg 090718shunkunitai.jpg
090718shunkunitai4.jpg

そのあと向かうは野付半島。まずは港で「北海シマエビ」をいただきました♪
塩茹でと天丼。どっちもおいしかった~。
090718hokkaisimaebi1.jpg 090718hokkaisimaebi2.jpg

そしていざトドワラ目指して走ります。野付半島は一番狭いところは道路の両脇が海という、とっても細い半島(?!)。それも付け根から先まで20km近くあるようです。私たちが目指したトドワラまででも10kmは軽くありました。地図でみるとちょろ~っとした半島なんですけどね。北海道ってやっぱり広大だなとつくづく感じました。
090718todowara4.jpg
090718todowara.jpg 090718todowara2.jpg
ちなみにトドワラは行ってみてビックリ。ガイドブックでよくみた白骨のような枯れ木があまり見当たらない。なんで?と思ったら、通りがかりのおじいちゃんが「20年前に来た時は、もっとたくさん枯れ木が立ってたんだよ。侵食(?)が進んでみんななくなっちゃった。もうすぐ、残りもなくなっちゃうかもね。」と教えてくれました。これも温暖化の影響なんでしょうか・・・。実は春国岱のほうがよっぽどトドワラのイメージだったかも。

090718rausu-sasimi.jpg 090718rausu-kani2.jpg
トドワラ見学後はまたひたすら走ります。18時過ぎ、やっと本日のゴール羅臼にたどり着いたのでした。泊まった宿「まるみ」では毛ガニに北海シマエビ・クジラの刺身、ホッケにと、海鮮づくしの夕食をいただきました☆毛ガニでカニタワー作ってみました(笑)
by Dok-m  at 22:35 |  北海道観光 |  comment (2)  |   |  page top ↑

和商市場、謎の長蛇の列

長い長い2日目のイベントその2。釧路駅前にある和商市場に行ってきました。ここは勝手丼で有名なところ。やっぱり釧路に来たからにはチャレンジしないとね~ということで、ホテルの朝食は腹2分目程度に抑えいざ出陣。観光客相手の市場かと思いきや、案外地元の人に愛される市場でした。花咲カニをはじめ、北海道のお魚たちがど~んと並んでましたよ。

090718washo-zenkei.jpg

090718washo-kajika.jpg 090718komai.jpg

そして、目的の勝手丼♪白い御飯をお惣菜屋さんのようなお店で購入(100円)し魚屋さんの勝手丼コーナーに行くと、好きな魚を好きなだけ乗っけてもらえるシステムなのです。1アイテム50~300円程度なので、こ~んなに乗っけても500円程度です☆楽しくて、おいしくていいですね。釧路に来たらまたチャレンジしたいな~と思いました。

090718washo-kattedon1.jpg 090718washo-kattedon.jpg

それから、昨晩食べた花咲カニがとっても美味しかったので実家にも送ることにしました。たまには親孝行しないとね(笑)お店の人いわく、蒸したのと茹でたのではダントツ蒸したもののほうが旨味が逃げなくておいしいとのこと。そんなこと言われたら、蒸したの買うしかないですね~。おばあちゃん・お父さん・お母さん・たかちゃん。届いたのは蒸したやつですからね♪(恩着せがましい・・・)
ちなみに茹でたもので小さいのだと、1パイ800円なんてのも売ってました。自分用に欲しいところでしたが、まだ旅は前半戦、とても持ち帰れないので泣く泣く断念しました。

090718washo-kani.jpg 090718washo-kani2.jpg

なお、市場の休憩コーナーで勝手丼を夢中で食べているうちに、気が付くと周囲をおじいちゃん・おばあちゃんの長蛇の列に囲まれていました!!!な、なんなんだ?!どうみても観光客ではありません。気になるね・・・と3人で耳をそばだて情報収集した結果、バナナ100g10円、大根1本100円だかの安売りを待つ列とのこと。ん?そんなに安くないんじゃない?と思ってしまいましたが、おじいちゃん・おばあちゃんにとっては、安さよりも並ぶというイベントに意義があるのかもしれませんね。

090718washo-chouda.jpg 090718washo-chouda2.jpg

和商市場を後にしたのが10:30AM。
まだまだ2日目は続くのでした・・・。
by Dok-m  at 22:19 |  北海道観光 |  comment (0)  |   |  page top ↑

釧路で川流れ♪

090718kusiro-gole.jpg
道東旅行2日目は4時起床!こんなにはやく起きても、すでに外はすっかり明るくなっています。さすが夏の道東。もっとも夜明けがはやいだけあります。で、そんなにはやく起きて何をするかというと、早朝の釧路川をカヌーで下るのです。これも私の念願の1つ。やったどー!!!でもめちゃくちゃ寒かったどー!!!フリースのうえからヤッケ着たけど、それでも寒かったです。
まず、スタート地点でタンチョウが飛んでいく姿を発見。あの白さ、大きさ、絶対タンチョウです。感動。さらに川を下ると、オジロワシが川岸の木の枝に止まってます。ひょー、大きい。翼を広げると2m以上あるんですって。この迫力が写真では伝えきれないのが残念でなりません。
090718kuriso-ojirowashi.jpg

更に、岸からこちらを観察する2頭のエゾジカ。カヌーが近づくと、バシャバシャと水の中を走り去っていきました。この日の釧路川は最近降り続いた雨で1.5mも増水していたそうで、いつもより湿原を高い位置から眺めることができたそうです。あいにくの曇空ですごく寒かったけど、ラッキーでした。
このカヌーツアー、ほとんど漕ぐことなくのんびり流れに身を任せて景色を楽しむことができるので、年配の方も気軽に楽しめます。
カヌーツアー終了時点でまだ朝7時です。今日は1日が長いな・・・(笑)

◆マーシュ&リバー(カヌーツアー)

090718kuriso-sika.jpg

090718kuriso3.jpg 090718kuriso2.jpg
090718kusiro-suimon.jpg 090718kusiro-mayumi.jpg




by Dok-m  at 00:33 |  北海道観光 |  comment (3)  |   |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。