スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Dok-m  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

Cエ外岩デビュー

0630akaiwa2 6月に札幌へ移住してきたCエが、外岩に初挑戦しました。神奈川にいた頃はインドアのクライミングを何回かやっていたので0630akaiwa3登ることは大丈夫だと思うのですが、過去槍ヶ岳で最後の岩場は登らなかった高所恐怖症の持ち主なので、ちょっと心配。でも、蓋を開けてみたらぜんぜん平気そうでした。なんだ心配することなかったね。最後は私よりガシガシ登ってて、師匠IWさんも喜んでました。これからいろんな岩に一緒に挑戦しよ~。

※写真はどちらもCエです。

0630tutuji 0630akaiwa_1

スポンサーサイト
by Dok-m  at 11:09 |  自然と遊ぶ♪ |  comment (0)  |   |  page top ↑

札幌観光

0624hokkaidocho_1 6日間の旅を終え、父母が東京へ帰っていきました。朝9時半に札幌駅で見送ったあと、さてどうしたものか。こんな早い時間じゃあ店もやってないし、かといって札幌駅まで出てきたのにまっすぐ帰るのももったいない。そういや、0624watage 北海道庁の赤レンガの中って見たことなかったな。北大植物園も入ったことないな。ということで、札幌駅から家まで帰る道のりにある観光スポットをひとり観てまわりました。お父さん・お母さん、案内せずにすみません。写真で味わって・・・。そうそう、この時期札幌の街中を綿毛が飛んでるのですが、これってポプラの綿毛なんですって。ポプラの下に落ちてました。こんな風になってるんだ。へ~。

0624hokkaidocho2 0624shokubutuen_1

0624kokuwa_1 0624huki 0624kouji    

by Dok-m  at 10:57 |  北海道観光 |  comment (1)  |   |  page top ↑

旭山動物園

0623dobutuen2 旅行4日目。母のリクエストで旭山動物園にやってきました。9:30AMの開園時間ぴったりに行きましたが、すでに人がたくさんいます。さすが日本一の動物園。ホッキョクグマ、あざらし、ペンギン、オラウータン、チンパンジー、猛獣と人気どころは0623dobutuen_2 くまなくまわって帰ってきました。昨年秋、ライオン夫婦に赤ちゃんが生まれたんですね~。いままで寝てばかりで動きに乏しかったライオンの檻が、活気あってよかったです。(赤ちゃんがお父さんにじゃれたりしててかわいいですよ。)そして、動物園を堪能したあとは、札幌へ。夜はお決まりのジンギスカンを食しました。「らむの家」はやっぱりおいしい☆

0623penshon 0623penshon2

by Dok-m  at 10:53 |  北海道観光 |  comment (0)  |   |  page top ↑

サロベツ原野

0722dorayaki 旅行4日目。礼文島に別れをつげ本島に戻ります。朝、民宿を出るときは日が射していたのに、フェリー乗り場は雲・霧で0722noshappumisakiなにも見えません。仕方がない、フェリーに乗ってる間はひたすら寝ました。稚内到着後、まずは腹ごなし。ガイドブックでみつけたどら焼きアイスを食します。うん、おいしい☆0622shitugen_1そのあとノシャップ岬をみて、あとはひたすら走る。走れども走れども旭川は遠い。だいぶ近づいたかな~0622ayameと思っても標識をみるとまだ150キロ以上!でも、信号ないし車もいないし、制限速度ってなあに?って世界なので、運転してて気持ちいいですね。途中、0722watasugeサロベツ国定公園 幌延ビジターセンターへ。ここは木道で沼のまわりを歩けるようになっていて、お花の種類も多くてとてもきれいでした。行きに寄った0622coron豊富町のビジターセンターもエゾカンゾウが群生しててきれいだったけど、ここもいいですね。湿原をみたあとは、また旭川へ向かって走る・走る。ふ~っ、0622ramen_2 18時に着いて無事旭川ラーメン食べれました。そして当麻のペンションへ。田んぼのマンなんかにあるペンションで、まだできたばかりのようでとってもきれいでした。

by Dok-m  at 10:51 |  北海道観光 |  comment (1)  |   |  page top ↑

とにかく人がいない!花の島 礼文

0621rebunazarashi_1 旅行3日目。とうとう念願の礼文島をトレッキングです。礼文島にはいろんなコースがありますが、両親の体力・時間を考慮してスコトン岬~澄海岬~アツモリ草群生地をめぐる4時間コースを選択。朝8:30AMに宿のおじさんに車でスコトン岬まで送ってもらったのですが、0621rebun2 途中でおもむろにおじさんが「アザラシみていきますか?」と。「もちろん!」というと道路脇の資材置き場のような広場に車を入れます。「あそこにアザラシが」とおじさんの指す0621rebun3 ほうをみると、海面に細長い黒いものがたくさん。よ~くみると、頭と尻尾だけを海につからないよう上にあげたシャチホコもどきのアザラシが大量に!!!こんなに近くにすごい。彼らはみんなゴマフアザラシだそうで、何をするで0621rebun4 もなく浅瀬で同じ方向を向いて寝そべっているだけ。おもしろい光景でした。シャチホコあざらしに別れを告げ、いざ出発。今日は雲が重く垂れ込め、小雨も降ってきそうな気配。風もけっこう強いというあいにくの天気。しばらく続く一般道も両サイドは色とりどりのお花でいっぱい♪0621rebun6_1 途中数台の観光バスとすれ違いましたが、バスの中からお花見えてるのかな?ちなみにうち1台のバスはどこかで見たような・・・。「ばんけい観光」ですって0621rebun8_1 。礼文まで進出してるんですね。途中、台風のような強風に飛ばされそうになりながら、4時間お花のなかを歩きつづけました。誰もいなくてのびのび歩けてよかったです。レブン0621rebun10_1 アツモリソウも終わりかけでしたが見れました☆最後に民宿へ 向かって歩いた海岸は一面の貝殻。そして、穴あき貝がいっぱい。0621gohan ツメタガイという貝が穴をあけちゃうんですって。すごいですね。たくさん歩いたあとはおいしい夕ごはん。もちろん、ウニも出てきました。ほんとおいしかった。

礼文の花々(写真集)

by Dok-m  at 09:37 |  北海道観光 |  comment (1)  |   |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。